知らなかった!?マイクロスコープを使った治療とは?

拡大した画像を見れる

歯医者さんが患者さんの歯を治療する際に、より細かい治療を行うための道具として、マイクロスコープが活用されているんですよ。マイクロスコープを利用すると、肉眼では観察できないような歯の状態変化を見逃さなくて済むようになるでしょう。口の中はとても暗く、肉眼で観察していると見落としをしてしまう場合もあるのです。そのため、ライトを当てながらマイクロスコープを使うと、患者さんの口の中の状態をより正確に把握出来るんですよ。

小さな異変も見逃さないマイクロスコープ

歯科医療においてマイクロスコープを使うと、患者さんの歯に生じた小さな異変を見逃さないようになるんですよ。視野の調整をミリ単位で行えるために、形成をより丁寧に行えるようになるでしょう。また、他の歯に比べて状態が変わっている箇所の発見がより簡単になるために、虫歯などの早期発見にも役立てられるようになりますね。このように、治療の精度が上がるために、歯を長持ちさせる治療を継続して行えるというメリットがあるんですよ。

マイクロスコープにも種類がある

歯医者さんが使っているマイクロスコープには違いがある場合もあるんですよ。例えば、拡大された画面を静止画像として保存するという技術が搭載されている物も登場しているのです。また、治療前の歯と治療したあとの歯を動画で比較できる機能が付いている物を利用すれば、患者さんが治療の効果を実感できるでしょう。このように、用途に合わせて利用するマイクロスコープを変更する歯医者さんが増えているために、患者さんの選択肢も増えているんですよ。

根管治療は時間がかからないので気軽に歯の治療が受けられます。歯の神経を徹底的に除去するので虫歯の予防にも役立ちます。