肥満から脱出する治療がある?!治療方法の主な三種類!

医師と栄養士とともに、食事療法で肥満を改善!

肥満治療をするにあたり、医者栄養士の指導を受け、指導のもとで計画された食事内容をこなすというものです。自己流で食事制限をしても、食べたいという誘惑に負けてしまい、なかなか減量できないということが考えられます。また、計画的に減らさないのでリバウンドの原因ともなってしまいます。偏った食生活になってしまい、体調を崩してしまう場合もあるので、医者や栄養士の指導のもと行うことで、肥満を改善することができるでしょう。

外科治療で肥満を改善?!

外科治療での肥満治療は、主に病的な肥満に陥ってしまっている人に勧められる方法です。食事や運動では痩せられなかった人の最終手段とも言えるでしょう。減量手術というものを行うため、体に直接メスなどを入れることになるでしょう。また、手術をするにあたり、麻酔や注射などもされるため、信用できる医者の居る病院を選ぶことが大切です。また、入院期間もあるので、過ごしやすい病院かどうかも病院を選ぶ基準となるでしょう。

投薬療法で肥満治療をしよう?!

投薬療法は医師に処方された薬で減量を行います。食欲抑制剤や肥満症治療薬などが使用されます。一番有名で、使用されることが多い薬は「サノレックス」という薬です。厚生労働省が認可している薬で、食事療法と運動療法の補助療法になります。有酸素運動と組み合わせて服用することで、より効果が得られますが、使用期間は約三ヶ月間まで指定されています。また、この薬は摂食中枢に作用するとくちょうがあるので、食欲を抑制してくれる効果もあります。

肥満治療の効果の現れ方は、一人ひとりの新陳代謝や食生活、運動習慣などに左右されますが、経験豊かな医師のもとで治療を継続することで、リバウンドのリスクに対処をすることが出来ます。