歯並びはすぐ治療すべき?!若いうちは歯も成長する!

顎が小さいと歯がちゃんと生えずらい

小さな子供の中には歯並びがバラバラな子供も多いです。特に最近の子供の骨格の傾向として、顎が狭い、小さい子供が多くなっています。そのため歯がまっすぐに生えてくることができず、隣の歯とぶつかって斜めに生えたり。ひどい子供になると歯の裏から生えてきたりしている子供もいます。顎が小さいため歯がまっすぐに生えてくるだけのスペースがなく無理やり生えてくるためにそのようになります。その結果、歯並びが悪くなります。

歯並びが悪いと生活にも支障が出る

歯並びが悪いと見た目もあまりよいものとは言えません。また食べ物を食べるときにもかみ合わせが悪く、うまく咀嚼できなかったり、かみ合わせの悪さで顎が変形することもあります。歯磨きも大変になり、食べ残りのカスが取れずに口臭の原因にもなったりと、歯の環境にはあまりよいものとは言えないのです。そのため矯正歯科や美容歯科に行って、歯並びを調節したり、また思い切って歯を抜いてスペースを作ることをおこない、見た目にもきれいな歯並びにします。

成長させてから歯を並びを調整する

この治療はある程度大人になってから行った方がよいと言われています。子供のうちはまだ歯や顎をはじめとした骨が成長している最中なので、今後も今より変化する可能性が高いです。若いうちにやってしまうと、成長により再度の調整作業が必要になるために、成長がある程度止まったと思われる年齢の時期におこなった方が、骨も今後成長する可能性が低いため固定しやすく、一度の作業で終了させることができます。しかしその時期が来るまでの間は日常生活でも支障が発生することも考えられるので注意が必要です。

出っ歯の場合、常に前歯が出ている状態になってしまうので非常に目立ってしまいます。ですが、出っ歯は出っ歯の矯正を行うことによって治すことができます。